2006年09月20日

ダイエット方法 (あなたの悩みを解消!!)

ダイエットを考えている、また、ダイエット中の方に。
余分な脂肪を燃焼させ、脂肪をためない身体づくりを目指すなら、サプリメントなどから積極的に
L-カルニチンを補給することもひとつの方法です。

L−カルニチンダイエット って?

L-カルニチンは、アミノ酸の一種リジンが体内で変化した物質です。
日々の生活や食事内容によって不足しがちになるのが L-カルニチンの特性。
最近ダイエット時の栄養補給に効果的な成分としてL-カルニチンが注目されています。

L-カルニチンは、人の肝臓や腎臓でつくられ、脂肪燃焼によるダイエット効果と持久力アップが
代表的な働きとして挙げられます。
脂肪の燃焼は、筋肉細胞内のミトコンドリアで起こります。
脂肪酸は、L-カルニチンの助けを得なければミトコンドリアには到達できません。

この L-カルニチンを摂取することにより、理想的にダイエットすることができます。
その摂取量が2倍になれば ⇒ 脂肪酸の燃焼は2倍となり ⇒ 発熱量も2倍になる。
というふうに脂肪消費量(発熱量)が増えます。

L-カルニチンは、筋肉質な体をつくるアスリートにも愛用されています。

 
posted by ダイエッター at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

ダイエット(ストレスが溜まりにくい)

我慢はしたくない人向けのストレスが溜まりにくいダイエット方法です。

ビール酵母ダイエットとは?

毎日の食事の何食かを、カロリーを抑えて、ビール酵母入りヨーグルトに変える事で痩せる。
そんな低エネルギーダイエット法で、特に制限もなく、好きなものを食べて無理なく続けられる。

ただ、ビール酵母自体には、ダイエットを促進する作用はありません。

ビール酵母には、生活に必要なビタミンやアミノ酸が豊富に含まれており、また、ビール酵母に
含まれる食物繊維があるので、腸内を改善しながらダイエットに取り組むことができます。

ビール酵母とヨーグルトを混ぜて食べる事によって、お腹が空いているという感じが少なくなり、
その効果をダイエットに利用するわけです。

しかし、ビール酵母に全面的に頼るだけではいけません。
ビタミンA、C、Eが不足しているので、食事で補う必要はありますが、ビール酵母と併用する
ことで、ダイエットのストレスを緩和することができます。


なお、ビール酵母には独特の臭いや味がありますので、食べやすくする工夫が必要です。

どのようなダイエットを試みるにも、正しい知識を得ることが必要ですし、何よりもダイエット
を成功の秘訣は続けることです。

ビール酵母にはアルコールは含まれていないので、お酒が飲めなくても大丈夫です。

 
posted by ダイエッター at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

ダイエット (同じ量なのにどうして太るの?)

同じ量を食べているのに、あまり太らない人とすぐに太る人がいます。

この違いは?
この違いは、基礎代謝に関係があると考えられます。

※ 基礎代謝は、生命を維持するのに必要な最小のエネルギー代謝をいい、寝ている状態で一定の
  時間に消費する熱量で表します。

クエン酸ダイエットとは?

人間の身体には、物質代謝の機能があり、たんぱく質・炭水化物・脂質が燃えてカロリーになります。
この物質代謝の機能の中で、クエン酸のサイクルが活発なほど、コレステロールや体脂肪、乳酸が
分解され、体内のエネルギーを効率よく燃焼させます。
そうすると、肥満の防止、疲れにくい健康的でスリムな体になるよう作用します。

子供の頃は、基礎代謝が高いのですが、加齢や無理なダイエットなどにより、基礎代謝はだんだん
低下してきます。
そうすると、脂肪が、身体(皮下脂肪)や内臓(内臓脂肪)についたり、疲れがなかなかとれない
という状態に陥ります。

反対に、脂肪がつきにくい体、疲労も回復しやすい状態になるには、基礎代謝を上げることができ
ればよいのです。
この基礎代謝のカギを握るのが、クエン酸サイクルなのです。

クエン酸サイクルを活発にし、ダイエットを成功させるには、クエン酸を摂ればいいのです。
体内のクエン酸の量が多ければ、クエン酸サイクルはスムーズに回転します。

ダイエットを成功させる秘訣・・・
クエン酸を摂ることで、新陳代謝が活発になり、体脂肪がつきにくい身体となります。
クエン酸を定期的に摂ること、これが、ダイエットを成功させる秘訣になるといえます。
 
  
posted by ダイエッター at 15:44| Comment(1) | TrackBack(6) | 色々なダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

ダイエット(飲むだけではダメ)

アミノ酸ダイエットとは?

アミノ酸を摂取するだけで、やせれるというわけではありません。

人体で合成できないアミノ酸(必須アミノ酸)があり、食事などで補給する必要があります。
しかし、偏りがちな現代の食生活では、アミノ酸を補給することも必要です。
その必須アミノ酸の補給により、筋肉を強化して基礎代謝を活発にして脂肪を燃やし、遊離脂肪酸を
増やして、体についた脂肪分を分解します。

ただ、脂肪燃焼アミノ酸を摂取しても有酸素運動をしなければ、分解された脂肪は元に戻ってしまいます。
そこで、アミノ酸ダイエットに効果的な有酸素運動(ウォーキング・ジョギング・水泳など)が欠かせません。

つまり、アミノ酸を摂取することと合わせて、有酸素運動をすると、より早く筋肉からエネルギーを発散させ、
脂肪を燃焼させることができます。

ダイエットを考え、脂肪を燃焼させたいなら、アミノ酸の摂取に加え、有酸素運動を取り入れることが大切です。

アミノ酸ダイエットのメカニズムを知ることで、するべきことが見えてくるのです。

  
posted by ダイエッター at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

ダイエット( 運動が苦手な人に )

ダイエットをしたいが、食事が偏る人、運動が苦手な人に。

フーカスダイエットとは?

ヨウ素の含有量が高いフーカスを摂取することは、代謝を高め、身体に脂肪がつくのを防ぐのに
役立ちます。
ヨウ素の代謝促進作用は、体内に蓄積された脂肪を燃焼しやすくするので減量にも役立ちます。

そして、フーカスは、女性のお尻や太ももにあらわれるセルライトをケアする働きが期待できます。

※ セルライト: 皮膚がオレンジの皮のようにボコボコになってしまうもので、その原因は、
         皮下脂肪に老廃物が溜まることにあると言われています。

フーカスには、ヨウ素、マグネシウム、亜鉛などのミネラルやビタミンが豊富に含まれています。
特に、ヨウ素を多く含んでいます。ヨウ素はダイエットに重要な役割を果たします。

ヨウ素は、人体の中では甲状腺に多く存在し、甲状腺ホルモンをつくる材料になり、ヨウ素が不足
すると、新陳代謝が低下して肥満になりやすくなります。

ヨウ素の摂取により新陳代謝がよくなると、老化防止に役立ちます。
脂質の代謝をよくする作用により、血液中のコレステロールも低下させるので、生活習慣病を気に
している方にもおすすめです。

  
posted by ダイエッター at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。